レンタカーでオアフ島を巡る!(ハワイ旅行記 レンタカー編)

Category アメリカ 


みなさま初めまして。
369daysの「旅行と節約を愛するお片づけ担当」のmilfordです!

初めての投稿となる今回は、ハワイ旅行でカイルア・ドールプランテーション・ハレイワ・ヌアヌパリ展望台・タンタルスの丘などを回ったレンタカードライブについて書きたいと思います!

DSC02186

初めての海外旅行先に「ハワイ」を選んだ私たちは、滞在できる5日の間に行きたいところを回れるよう綿密に計画を立てました。
ホテルはワイキキでしたので、街でのショッピングやダイヤモンドヘッドはトロリーなどで巡ることができます。
しかし、せっかくの機会なのでホノルルだけに閉じこもるにはもったいない!ということで、オアフ島全部から気になるスポットをピックアップしました。

スポンサードリンク

すると、ホノルル市街から離れたところでは

ヌアヌ・パリ展望台
・カイルア
・ドールプランテーション
・ハレイワ(ノースショア)
・タンタルスの丘(ホノルル郊外)
へ行くことになりました。

map

しかしここで移動手段をどうするかという問題が。
ホノルル-ハレイワは40kmほど離れていますので、徒歩や自転車での移動はとても無理。

そうときたら旅行会社を頼ってみましょう。
オプショナルツアーでハレイワやドールプランテーションを巡るツアーは多数ありましたが、どのツアーもドールプランテーションには最大で1時間半ほどしか滞在できないとのこと。
ドールプランテーションでは「パイナップル電車(所要20分)」と「巨大迷路(所要60分)」は絶対行きたい!と決めていたので、最低でも2時間は滞在できないといけません。結局オプショナルツアーを利用するのも断念。

となると次の候補はバスです。
オアフ島全域を走っている乗合バスの「The Bus」は1乗車2.5ドルという料金が魅力的ですが、本数が限られる上に地元の方向けの交通機関なので乗りこなすのにコツがいるようなので断念。

DSC01922

タクシーはもちろん金銭的にアウトですね!

となるとやはりあれしかありません。
レンタカーです。

レンタカーなら時間に縛られることもなく好きなところに好きなだけいられます。
そしてなにより、ハワイの風を感じながらドライブだなんて楽しそうにもほどがあります♪
ということで、滞在中の1日にレンタカーを借りて、ヌアヌパリ展望台・カイルア・ドールプランテーション・ハレイワ・タンタルスの丘を巡ることにしました。

しかし初めての海外でレンタカーということで不安もないわけではありませんでした。
そこでレンタカーの借り方や道中感じたことなども織り交ぜつつ簡単な旅行記をお送りしたいと思います。

まずはレンタカー会社ですが、メジャーなところでHertzレンタカーをチョイス。ネット(http://www.hertz.com/)で日本語で予約できるのでとても便利です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

午前7時にヒルトンハワイアンビレッジ内にあるHertzのデスクへ行き、「ネットで予約したんですけど…(英語)」と申し出ると、「名前は?あーはいはい(英語)」という感じで特に難しい英語のやり取りもなく貸し出し手続きを済ますことができました。
ちなみに同じ時間帯に日本人の若いカップルが「予約してないけど今日借りれますか?」とやってきましたが、「今日はもう車ないよ」と言われ借りれなかったようです。事前予約はできる限りしておいた方が良さそうです!

また勘違いしやすいのがレンタカー営業所の営業時間です。
ヒルトンハワイアンビレッジ内のHertz営業所の営業時間は「朝6時~午後1時」となっているため、
「たった7時間は短すぎ!」と思いやすいのですが、この時間は貸し出し手続きができる時間なので、実は返却は24時間いつでも可能なのです。(※Hertzでも他の営業所ではシステムが異なりますので、事前に確認することをおすすめします!)
ですので24時間のプランでレンタカーを借りた場合、朝の8時に借りたらその日の午後9時でも、翌朝8時でも返却できます。
特にヒルトンハワイアンビレッジ内のHertz営業所は朝6時からとワイキキの中でも特にオープンが早い営業所なので、うまく利用したいですね。ただヒルトンハワイアンビレッジはとても大きなホテルなので、Hertzの営業所を探すのに少し時間がかかりました…。時間に余裕を持っていくことをおすすめします。

ちなみに料金はレンタカーの基本料金(24時間)と任意保険とガソリン1タンク分、そしてカーナビのオプションをつけて99ドルほどでした。

デスクで車のキーを受け取った後、駐車場で車に乗り込みます。ちなみに車種は一番安い「Economy(Kia Rioまたは同クラス車)」というクラスで予約しましたが、日産のしっかりした車でした。スピードメーターもkm併記で助かりました(ハワイはマイル表記なのです)。

そしていよいよエンジンをかけ、初の異国の地でのドライブスタートです。ハワイは右側通行なので、車ももちろん左ハンドル。ハワイに到着したときから右側通行の運転をイメージトレーニングしていた甲斐もあり(?)、右側通行には意外とスムーズに慣れることができました。

さて、ワイキキを出発した後は最初の目的地、カイルアタウンへ向かいます。
H1フリーウェイとパリハイウェイを走り継ぎます。
パリハイウェイの途中には「ヌアヌ・パリ展望台」という展望台がありますので、展望台好きとしては寄らないわけにはいきません。眺めはとても良かったです!…が強風の名所なだけあって風もとても強かったです!

DSC02111

そしてカイルアタウンに到着。ショッピングセンターに車を停め、付近のお店を巡りました。
カイルアはとてものんびりした雰囲気の街でした。ぜひホノルルから足を伸ばしてみることをおすすめします!

DSC02124

その後は街から20分ほどのところにあるカイルア・ラニカイビーチへ。これが絵に描いたようなきれいなビーチでした!

DSC02142

さてカイルアを満喫した後は車で1時間ほどH3フリーウェイ→H2→カメハメハ・ハイウェイを走り、
ドールプランテーションへ。
お目当てのパイナップル電車・巨大迷路も無事楽しむことができました!

DSC02200

そしてドールプランテーションを満喫した次はハレイワへ。
しかしここでアクシデントが発生!?ハレイワで何があったかは「ワイハーちょっといい話(チキン編)」をご参照ください。

DSC02251

そんなこんなでお腹もいっぱいになったあとはホノルルへの帰途につきました。
最後にせっかくレンタカーを借りたので、ホノルル一の夜景スポットと名高い「タンタルスの丘」へ行きました。
丘への山道は結構大変でしたが、そこからの夜景はすばらしいの一言!機会があったらぜひ訪れてみてください。

DSC02269

その後ヒルトンの駐車場へレンタカーを返却し、1日がかりのドライブも無事終了。
ちなみにレンタカーの返却は駐車場に車を駐め、キーと書類を返却ポストに投函するだけなので楽々です。

行くまでは不安もあったドライブでしたが、いざやってみるととても楽しいものでした。ハワイでは国際免許証を取得しなくても日本の免許証があれば運転できますので、みなさまもぜひ試してみてください!

最後にハワイで運転していて思ったことを挙げると..

  • 車線変更の時にウィンカーを出さない車が多い!
  • サンキューハザードはハワイでもやってる人いる!
  • 道路のセンターラインは鋲で打ってあることが多いので日本の線より見にくい!(夜は反射して光るのでちょっと見やすくなる)
  • カーナビはけちらずにつけて良かった!(ホノルル市街地は一方通行が多くてややこしい)
  • けどネバーロスト(今回使ったカーナビ)の地図は雑なので、お店の場所などは事前によく調べたほうが良い!

こんな感じです。
これらに気をつければ楽しいドライブになること間違いなしです!

みなさんもぜひハワイでのドライブを楽しんでみてはいかがでしょうか?

この記事についてのコメントをお気軽にどうぞ

お寄せいただいたコメントは管理者の承認後に表示されます。