姫路セントラルパーク
その1 遊園地編

兵庫県姫路市にある姫路セントラルパークはサファリパークと遊園地を有する「サファリリゾート」。
…なのですが、この頃は「日本一心の距離が遠いサファリパーク」を自称しているユーモラスなパークになっています。

そんな姫路セントラルパークを実際に訪れてみたので、遊園地編とサファリ編に分けてその様子をご紹介します。
今回の遊園地編では充実したジェットコースターや占いアトラクション「ミラーナの心理迷宮」が魅力的な遊園地ゾーンをたっぷりご紹介します!

姫路セントラルパークは姫路駅から直線距離で約8kmの場所に位置しており、公共交通機関では姫路駅から路線バスで約30分、自家用車では山陽自動車道の「山陽姫路東」インターから約5分でアクセスできます。訪れるまではすごく山奥にあるイメージだったのですが、意外とアクセスが良いんです。

木組みの外観の入園ゲートがおしゃれ!

園内に入ると緑が多く、ヨーロッパの街の広場のような雰囲気。

インスタ映えなスポットもあります。

ちなみに訪れたのは全国的に猛暑となった2018年の7月で、この日も最高気温35℃を超える非常に暑い日でした(;’∀’)

案内所もちょっとおしゃれ。

姫路セントラルパークにはジェットコースターが大小合わせて5つあります。

こちらの緑色のレールの「ハリケーン」は1回転ループがあるコースター。

この日はジェットコースターがループ部に差し掛かると水が噴射される仕掛けがありました。

ちなみにこのハリケーンは奈良県の「あやめ池遊園地」にあった「トルネイダー」が移設されたものなんだそうです。

そしてこちらのオレンジ色のレールのジェットコースターはその名もずばり「ジェットコースター」というアトラクション名になっています。

起伏は少なく小さな子供でも楽しめそうなジェットコースターです。

コースが長く、森や駐車場まで伸びているのでいろいろな景色が楽しめます。

そしてこちらの「ディアブロ」は姫路セントラルパークで最も激しいジェットコースター!

吊り下げ式のライドになっているので、足が宙に浮く形になります。

この状態で複雑なコースを駆け抜けます。

垂直ループも2回あるスリル満点のコース。この「ディアブロ」と同じ型のコースターは小田急御殿場ファミリーランドにもあったようです。

ディアブロには大きめの待機場所がありますが、最近は使われていない様子でした。

他にもこちらの「ラビリンス」や子供向けの「いもりんす」というジェットコースターがありました。

そして今回姫路セントラルパークで一番楽しみにしていたのが、こちらの「ミラーナの心理迷宮」という占いアトラクションです。

ミラーナの心理迷宮は「ナムコ・ワンダーエッグ(ナムコが東京の二子玉川で運営していたテーマパーク。2000年閉園。)」にもあったアトラクションで、90年代の雰囲気が残っているのではないかと楽しみにしていました!

ロゴもカッコいい!

ミラーナの心理迷宮では迷路のような空間を進みながら質問に答えていくことで心理テストが行えます。

最初にこちらの「マインドクリスタル」が手渡され、これをを持ちながら進みます。

入り口で説明映像を見た後、道が「欲望の小径こみち」「恋愛の小径」「才能の小径」の3つに分かれました。ここで心理テストで占うテーマを決めます。

内部は鏡張りの迷路になっており、迷路の中には3つの質問ポイントがあります。

1つ目のポイント「出逢いの鏡」では何人か女性の顔が表示される中から一人を選びます。
質問には最初に手渡された「マインドクリスタル」にピンを差すことで回答していきます。

2つ目のポイント「ココロのギャラリー」ではいくつかのオブジェクトから気になる一つを選びます。

3つ目のポイント「前世の万華鏡」ではいくつかの動物の中から一つを選びます。

すべての質問に答え、ゴールに向かうと「心理の鏡」があります。その投入口にマインドクリスタルを投入すると…

占い結果である「ココロのカルテ」を手にすることができます。

ミラーナの心理迷宮は1990年代のなんとも言えないサイバーな雰囲気を存分に感じられる内容でした!

なお、ミラーナの心理迷宮の隣にはホラーアトラクションの「ショッキングホラーミュージアム」があります。「突然停電してしまった古びた博物館に電気工事士として入り、ちょっとユーモラスな恐ろしい体験をする」というテーマになっておりそれほど怖いわけではありませんが、普通のお化け屋敷とは違ったテーマでなかなか面白かったです。

自由落下が体験できる「フリーフォール」も印象的なアトラクションでした。一見よくあるフリーフォールですが…

「絶叫!ウォーターチャレンジ」というイベントが開かれていました。

水の入った容器を持ってフリーフォールに乗ることで、落下の瞬間にびしょ濡れになる…という暑い夏にぴったりのイベント!
容器は手のひらサイズのコップから特大のバケツまで、好きな大きさを選ぶことができます。

せっかくなので一番小さいコップに水を入れて乗ってみました!
落下の瞬間には水の塊が宙に浮く瞬間を目撃することができ、科学の勉強としても良い体験ができました。その後は見事びしょ濡れなりましたが…。

簡単な工夫でアトラクションをより楽しむことができる、良いイベントだと思いました!

ジャイアントホイール(大観覧車)にも乗りました。

園内を一望することができます。

プールゾーンも充実しています。

その他にも、「ペガサス」というメリーゴーランドや、

「スカイヘリ」

4Dシアターの「バスターボム」

暑い夏にありがたい「南極物語」

「バンパーボート」などのアトラクションもあります。

(右下から時計回りに)「ヘリオス」「クレイジーバー」「フラッパー」といった回転系のアトラクション群。

ところで遊園地の中にはこのような長い坂があり、移動がおっくうになってしまうことも…。

そんな時に便利なのが、こちらの「ラクーダ」という無料の乗り物。

要するに動く歩道なのですが、エスカレーターとは異なり手すりが無く、起伏も結構あるので意外と乗りながら体のバランスをとるのが難しい…!

「坂道を普通に歩くより(ラクーダに乗る方が)疲れる」と話していたお客さんもいました(;’∀’)

こちらの「あひるの艦隊」はあひるが付いたゴンドラに乗ってゆったりとした空中散歩が楽しめます。

コースも長くて楽しめます。

姫路セントラルパークはレストランも充実しており、洋食、和食、ハンバーガー、カレーなど各種メニューを取り揃えています。

この日はとても暑かったのでさっぱりした冷麺と冷やしうどんをいただきました。

「サイバーステーション」と名付けられたゲームコーナーもありました。

「キャッスル」というお城のような見た目の建物は団体の食事会場などとして使われているようです。

キャッスルの近くには園内を一望できるスポットがありました。緑に囲まれた良い雰囲気の遊園地です!

ここまで姫路セントラルパークの遊園地ゾーンを紹介してきましたが、その2 サファリ編では迫力のサファリゾーンをご紹介します!

この記事についてのコメントをお気軽にどうぞ

お寄せいただいたコメントは管理者の承認後に表示されます。