宇宙がテーマの遊園地「スペースワールド」を遊びつくそう!(その1 アトラクション編)

スペースワールド

「テーマパーク」といえば、かわいいキャラクターや、ヨーロッパなどの異国情緒あふれる街並みをテーマにしたものばかり…と思っていませんか?

実は「宇宙」をテーマにした「スペースワールド」というレジャーパークが福岡県北九州市にあるのです。今回はそんなスペースワールドに行ってきましたので、その様子を詳しくご紹介したいと思います!

スペースワールドとは?

スペースワールドはジェットコースター・観覧車といったアトラクションのほか、ステージでのショーやプール・スケートなども楽しめる総合レジャーパークです。

1990年4月22日にオープンし、27年間にわたり営業してきましたが、2017年12月31日をもって閉園してしまうこととなりました。

スペースワールドの全景

今でこそ大型ジェットコースターや観覧車が目立ち「遊園地」色の強いスペースワールドですが、開園当時にはそれらはなく、どちらかというと屋内型のシアターや展示施設などが多くあったようです。

開業間もない時期のスペースワールド(JR西日本発行のオレンジカードより)

今回の「アトラクション編」ではパークの花形ともいえるジェットコースターを中心に、スペースワールドの個性豊かなアトラクションをご紹介します。

スペースワールドの

こちらがスペースワールドのゲートです。
北九州高速道路の枝光ICから車で1分、JR鹿児島本線の「スペースワールド」駅から徒歩5分と、アクセスは抜群。

スペースワールドの花壇

園内では「スペースワールド・ザ・ファイナル」と題して様々な催しを行っていました。

ダイナミックさMAXのコースター「タイタンMAX」

スペースワールドのジェットコースター「タイタンMAX」

まず最初にご紹介するのが、こちらのタイタンMAXというジェットコースターです。
タイタンMAXは「スペースワールド一ダイナミック」と言えるジェットコースターで、高さ60m、長さ1530mのコースを最高時速115kmで駆け抜けます。

スペースワールドのジェットコースター「タイタンMAX」

とにかく高く登って、とにかく落ちて、とにかく駆け抜ける爽快な乗り心地!

スペースワールドのジェットコースター「タイタンMAX」

座席の周りには囲いが無いので、開放感がありとてもスリリングです。
また座席にはスピーカーが備えてあり、5曲の中から好きなサウンドを聴きながら乗ることができます。

タイタンMAXの前身である流星ライナー「タイタン」は1993年にオープン。その後2000年に「タイタンV」へ、2015年に「タイタンMAX」へリニューアルしました。

スペースワールドのシンボル・実物大スペースシャトル

スペースワールドのスペースシャトル

スペースワールドのシンボルといえるのが、この実物大スペースシャトルのオブジェ!
開園当初からあり、以前はロケットの噴射口から炎と煙が噴き出すパフォーマンスが行われていたそうです。

「こんなに良くできてるのに、閉園したらこのスペースシャトルもなくなっちゃうのか…」と思った方に朗報です。実はこのスペースシャトル、なんと閉園後に10億円で購入することができるというのです!
お財布に余裕のある方はぜひお手元に置いてみてはいかがでしょうか?
申し込みページはこちら:https://camp-fire.jp/projects/view/35613

予測不能なアクロバティックコースター・ヴィーナスGP

そのスペースシャトルの周りを縫うように走るジェットコースターがヴィーナスGPです。
「コースターの神様」アントン・シュワルツコフ氏が設計したコースターで、回転やひねりに富んだコースが特徴。走り出したら最後、何が起こるか予測がつかないアクロバティックなコースターです。

スペースワールドのジェットコースター「ヴィーナスGP」

スペースワールドのジェットコースター「ヴィーナスGP」

乗り場は宇宙ステーションのようなワクワクする内装で、コースターへの期待を高めてくれます!

ヴィーナスGPの前身の「スパイラル彗星 ヴィーナス」は1996年にオープン。2007年にヴィーナスGPへリニューアルしました。

40秒で宇宙旅行を体験!「ザターン」

スペースワールドのジェットコースター「ヴィーナスGP」

園内でもひときわ目立つのが、高くそびえる山形のコースをもつザターン
発車後2.5秒で最高時速130kmまで加速し、その3.5秒後には65mの最高部へ到達、息つく暇もなく急降下するという、1周わずか40秒の内にスリルが詰め込まれたコースターです。

発車カウントダウン時のドキドキ感はザターンならではで、コースの頂上から眺める景色の良さも魅力です!

ザターンに乗るとまるで宇宙へ小旅行をしたような体験ができ、急加速~急上昇時にはロケットの打ち上げを、頂上では無重力空間のような浮遊感を、急降下時にはは宇宙からの帰還を体験しているようでした。

スペースワールドのジェットコースター「ザターン」

そもそもこれは単なるジェットコースターではなく、れっきとした医療目的のマシンのようで…

ザターンとは
大流行している宇宙病GNS(Genki Naqnaru Syokogun)の治療かつ予防のために開発された最新メディカルギア。
月より採取され、人類の自然治癒力を増大させる効果のあることが判明した超電磁物質「マグナムZ」を搭載している。

とのことで、「最近ちょっとGNSっぽいな~」という方はぜひ乗って効果を実感してみてはいかがでしょうか。

スペースワールドのジェットコースター「ザターン」(ツボ押しコースター)

ただでさえ健康的なザターンですが、訪れた際は「ツボ押しコースター」というイベントが開催されていました。
これは背中に突起のついたビブスを装着して乗車することにより、ロケットスタート時に背中のツボが刺激され、さらに健康的になる!というものでした。

スペースワールドのジェットコースター「ザターン」

ここまでご紹介した「タイタンMAX」、「ヴィーナスGP」、「ザターン」がスペースワールドの「3大コースター」とも呼べる大型コースターです。
スペースワールドにはこのほかにも様々なアトラクションがあります。

惑星アクア

スペースワールドのアトラクション「惑星アクア」

惑星アクアは丸いUFO型のボートに乗って水路を進むアトラクションです。かなり水がかかって濡れると聞いていたかったので暑い日にぴったりと思い乗りたかったのですが、40~60分待ちとそこそこ混んでいたので今回は乗ることができませんでした。次回訪れる際にはぜひ乗りたいと思います!

スペースワールドのアトラクション「惑星アクア」

観覧車からコースを見るとこのようになっています。全長500メートルと結構長さがあり、ところどころ白波が立っていますね。
開園3年後の1993年にオープンしたアトラクションですが、現在もとても人気があります。

クリッパー

スペースワールドのアトラクション「クリッパー」

個人的にデザインがお気に入りなのがこちらのクリッパーというジェットコースターです。
ロゴや建物に取り付けられた小さなUFOがかわいらしいです!

3歳から乗ることができるスペースシャトル型のコースターで、未来の宇宙飛行士のためのトレーニング学校であるというストーリーがあります。

ブギウギスペースコースター

スペースワールドのアトラクション「ブギウギスペースコースター」

1車両の内、前3両が前向き、後2両が後ろ向きの座席になっているコースターです。
短いコースながら、暗いトンネルなども通るため後向きに乗るとさらにスリリングになります。
開業時からある貴重なアトラクションです。

スペースワールドのアトラクション「ブギウギスペースコースター」

ツインマーキュリー(アドベンチャークルーズ&ファンファンクルーズ)

スペースワールドのアトラクション「ツインマーキュリー(アドベンチャークルーズ&ファンファンクルーズ)」

ツインマーキュリーエリアには「アドベンチャークルーズ」と「ファンファンクルーズ」の2つのアトラクションがあります。
どちらもボート型ライドに乗って水路を進むものですが、「アドベンチャークルーズ」が刺激を求める方にお勧めのスリリング系、「ファンファンクルーズ」がお子様にも楽しめるマイルド系となっています。

スペースワールドのアトラクション「ツインマーキュリー(アドベンチャークルーズ&ファンファンクルーズ)」

「アドベンチャークルーズ」はエイリアンの住む洞窟などを進み、最後には16mの高さから急降下します。

一方「ファンファンクルーズ」では水鉄砲を渡され、コース上にある的を狙いながらまったりと楽しむことができました。

エイリアンパニック エボリューション

スペースワールドのアトラクション「エイリアンパニックエボリューション」

スペースワールド唯一?のホラーアトラクションがこちらのエイリアンパニック エボリューション。
「地球に墜落した宇宙船を探索する」というテーマのウォークスルー型ホラーアトラクションです。
ホラー系があまり得意でないのに加えて所要時間が約8分と長めであったため今回は入りませんでしたが、次回訪れたときはせっかくなので入ってみたいと思います…!

4Dヴィジョン ポップステラ スペースワールドのアトラクション「ポップステラ」

4Dヴィジョン ポップステラ はシアターとなっており、映画館の「4DX」のように座席に様々な仕掛けがあります。

暗闇迷路ディーポ

スペースワールドのアトラクション「暗闇迷路ディーポ」

「暗闇迷路ディーポ」は真っ暗な迷路を歩いて進むアトラクションです。
お化けなどは出てきませんが、一寸先も見えないほどなので新鮮な感覚が味わえるかもしれません。

スペースワールドのアトラクション「暗闇迷路ディーポ」

ちなみにこのアトラクションがあった場所はもともと「SPACE SHOP ディーポ」というお土産屋さんだったようです。

スペース・アイスペースワールドの観覧車「スペース・アイ」

遊園地のランドマークといえば、観覧車ですね!
こちらの「スペース・アイ」は直径が80mあり、太陽のようなカラーリングが特徴です。

スペースワールドの観覧車「スペース・アイ」

ロゴもカッコいい!
ちなみにこの観覧車、「呉ポートピアランド」という広島県呉市にあった遊園地(1998年閉園)にあった観覧車を移設したものだそうです。

スペースワールドの観覧車「スペース・アイ」からの眺め

7月下旬の良く晴れた日の昼間に乗ろうとしたところ、ゴンドラ内の温度が40℃近くあり運転が中止されているとのことだったので、涼しくなってきた夕方に乗車しました。

スペースワールドの観覧車「スペース・アイ」からの眺め

観覧車からは園内が一望できます。

スペースワールドの観覧車「スペース・アイ」からの眺め

シンボルのスペースシャトルとヴィーナスGPも良く見えます。

スペースワールドのスペースシャトル

今回はアトラクションを主に紹介してきましたが、スペースワールドにはまだまだ見どころがたくさんあります。

屋内アトラクション施設「スペースドーム」や宿泊施設「スペースロッジ」、ショー・イベント、それにお食事などなど、スペースワールド関連の記事は今後も公開予定ですのでぜひご期待ください!

スペースワールド

この記事についてのコメントをお気軽にどうぞ

お寄せいただいたコメントは管理者の承認後に表示されます。