「廃墟の女王」摩耶観光ホテル調査ツアー
~その4 未来編~

その1 過去編はこちら
その2 現在編・内部写真①はこちら
その3 現在編・内部写真②&摩耶山の遊園地はこちら

「廃墟の女王」摩耶観光ホテル調査ツアー
~その4 未来編~

いよいよ今回のツアーの目的、マヤカン内部調査のお手伝いが始まります!

この日は風呂場A、風呂場B、脱衣所の3か所を3グループに分かれて調査。
各グループにNPO法人ひょうごヘリテージ機構H2O神戸の方が2名程付きます。

私の担当は、風呂場Aの実測
大変暑かったため、いつもの調査と比べて小さめの範囲にしてもらっていたそうです。

この扉の向こうにある階段を下りた場所に、風呂場A、風呂場B、脱衣所が。

担当する風呂場Aはここですっ!

湯舟

洗い場

・実測担当(測って読み上げる人、数字を図面に書き込む人)
・落下物をスケッチする人
・室内の展開写真、部分写真を撮る人
に分かれ、手渡された図面に調査した内容を書き入れていきます。

最初は測って読み上げる係だったのですが、メジャーをピーンと張るのが難しく、図面に書き込む係に交代させてもらいました(;´Д`)

しかし、図面の見方もよく分からない!!
縦と横は分かるけど、高さはどうやって記入するの!?
そもそも、渡された図面では湯舟が円いのに、実際は四角ですよ!?

・・・と混乱していたらNPO法人ひょうごヘリテージ機構H2O神戸の方が助けてくださいました・・・!
H2O神戸は建築士の方達が結成しているグループなので、大変勉強になりました!

他のグループが担当した風呂場Bはこんな感じで、お風呂の形が違っていました。

1時間ほどで、無事に調査完了!

最後に、各グループの成果を報告し合いました。

摩耶観光ホテル保存プロジェクト、主催者も参加者も楽しみながら真剣に取り組んでいる、素晴らしいプロジェクトです!

いつかマヤカンが登録文化財になった時、私も実測手伝ったんだよって自慢しまくります(^^)/
(文字が汚すぎて図面が読めなくて再調査になってなければ・・・(笑))

摩耶観光ホテル保存プロジェクトは、まずマヤカンの上に屋根を付けようとしていて、クラウドファンディングの出資金の一部もその活動に役立てられるようです。
登録文化財になった廃墟というのは前例がないようですが、マヤカンがその第一号となるよう、これからもプロジェクトを応援していきたいです!

主催者のみなさん、貴重な機会をありがとうございました!

解散した後は、せっかくなので摩耶山の山上へ!
ロープウェイ「虹の駅」からロープウェイ「星の駅」へと、ロープウェイで移動します。

わぁ~~ロープウェイからマヤカンが見えるゾ!

山上にある摩耶ビューテラス702
バーベキューテラス、カフェ、お土産屋さんがあります。

お土産屋さんには、色々なマヤカングッズがありました!
その1に掲載したポストカードと、ルームキー風キーホルダーをゲット♪

みんながマヤカンを盛り上げようとしていますっ!

10年後、100年後が楽しみになる・・・マヤカン、そして摩耶山はそんな素敵な場所でした。
ぜひ、みなさんも摩耶山に遊びに行ってくださいっ!

★おまけ 六甲山

摩耶山上から、隣の六甲山上にバスで移動しました!

六甲ケーブル 六甲山上駅

1932年に開業した当時のままの駅舎。
マヤカンと同じアールデコの建築です!

六甲山上駅の内部もレトロの香りが・・・

六甲ケーブルの下り、最高に楽しいアトラクションでした!
摩耶山に来たら、隣の六甲山にも寄って、六甲ケーブルで下るのがおすすめです♪

六甲山上にある六甲ガーデンテラスにも行きました。
これ本当に山の上!?まるで高原のおしゃれスポットでした・・・

「ジンギスカンパレス」で名物のジンギスカンと六甲地ビールを・・・

ぷはーーーー!!!
このため(合法廃墟&ビール)に生きてる~~~!!

最後までお読みいただきありがとうございマヤカン!

★おしまい★


この記事についてのコメントをお気軽にどうぞ

お寄せいただいたコメントは管理者の承認後に表示されます。